きなこで栄養と風味を

きなこで栄養と風味を

最近は「きなこ」の栄養素が注目されています。ミルクに溶かしてきなこラテなどのへルシードリンクを作ったり、野菜や果物のスムージーに豆乳やきなこを入れて、朝食代わりにしたりする人も多いのではないでしょうか。きなこは決してカロリーが低い食品ではありませんが、きなこに含まれる大豆サポニンという成分は体内の脂肪の蓄積を抑える働きがあるため、ダイエット中の女性などから注目されているのです。

ミルクやヨーグルトに混ぜたり、寒天ゼリーにかけたり、お餅にかけたりと色々なきなこの楽しみ方がありますが、「きなこを飲み物に入れると粉っぽさが残って、飲みにくい」「ざらざらとした舌触りが気になる」という人もいるのではないでしょうか。そこでお勧めなのが、パンケーキです。生地の中にきなこを混ぜて焼くと、粉っぽさが気にならなくなるうえ、生地全体に香ばしい風味が加わります。健康の為、ダイエットの為に効果的なきなこが、美味しいスイーツの隠し味になれば一石二鳥でしょう。

きなこを混ぜたパンケーキは、黒蜜のシロップや小豆などとの相性も良く、香ばしい風味を引き立ててくれます。また、生クリームやアイスクリームと組み合わせても、香りとコクがいっそう増して美味しく味わえるでしょう。しっかり焼き色の付いたパンケーキは、見た目からはきなこが入っているかどうか分かりませんが、一口食べればすぐに香ばしいコクが感じられるはずです。抹茶やココアなどをパンケーキ生地に加えると、抹茶色、チョコレート色のパンケーキに焼き上がりますが、きなこの場合は、生地に見た目でわかるような色はつきません。しかし、抹茶やココアの風味は焼いているうちに少々飛んでしまいますが、きなこの風味は焼き立てのパンケーキからしっかりと立ち上り、味わえるでしょう。

パンケーキはカロリーが高いから、ダイエット中は我慢しているという人でも、脂肪の蓄積を抑えるきなこ入りのものなら、おやつにちょうど良いのではないでしょうか。朝食として食べれば、大切な栄養素の炭水化物に加え、きなこの豊富な栄養も摂れるのでお勧めです。