和の食材の隠し味

和の食材の隠し味

和風スイーツとしてパンケーキを焼く場合、抹茶の粉を生地に混ぜたり、小豆餡をトッピングしたりするメニューを思い浮かべる人が多いでしょう。黒蜜をかけるのもいいですが、栗やサツマイモなどをペーストやソースにしてトッピングするのもお勧めです。栗やサツマイモを角切りにして生地に混ぜれば、ホクホクとした甘さが楽しめる和風パンケーキになります。

和風のトッピングといえば様々ありますが、そこで意外な隠し味としてお勧めなのが「味噌」です。味噌は発酵食品なので、健康にも良いです。生地に味噌を加えると、深いコクが出て、生地に塩気が加わるので、パンケーキ生地の素朴な甘さと適度な塩分がお互いを引き立て合い、美味しくしてくれるのです。小豆餡など和風のトッピングとの相性もぐっと良くなりますが、あえて余計なトッピングを足さず、生地そのものの風味を楽しむのもいいでしょう。粉糖やシロップなど甘味料を加えなくても美味しく食べられるので、カロリーも抑えられてヘルシーなおやつにぴったりです。

健康のために大豆の発酵食品は効果的です。一日一杯の味噌汁や納豆を食べると良いと言われていますが、朝食に味噌汁を作る時間が無い、朝は食欲が無くて白いご飯を食べられないという人もいるでしょう。そんな時は、コクのある味噌入りパンケーキを食べてみてはいかがでしょうか。味噌入りの生地にきなこをトッピングすれば、大豆イソフラボンもたっぷり摂れます。甘いものが苦手な人でも、味噌を加えたパンケーキは食べやすいでしょう。

もちろん、甘いものが好きな人は小豆餡やホイップクリームをかけて楽しめます。適度な味噌の塩分が隠し味になって、小豆餡やクリームの甘さを引き立ててくれます。コーヒーや紅茶だけではなく、煎茶やほうじ茶と一緒に味わうのも良いでしょう。最近のカフェなどでも人気のほうじ茶ラテを合わせたり、ほうじ茶のアイスクリームを味噌入りパンケーキにトッピングしたりするのもお勧めです。昔からある和菓子などとはまた違った、新しい和風パンケーキを一度食べてみてはいかがでしょうか。